佛教大学 W0101 現代福祉社会論 第1設題

閲覧数1,670
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    w0101 現代福祉社会論 リポート第1設題
    評価A
    自己の問題意識について、高評価のコメントを頂きました。
    参考文献を記載していますので、リポートを作成される際の参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉の実現や人権尊重と憲法における平和的生存権、戦争の放棄との関連について述べなさい。」
     「福祉」と戦争は対極にあり、戦争は人々の生命や平和な暮らしを脅かす人権侵害の極限である。貧困や暴力など苦しみのない安定した平和な生活を守るためには、人々が平和のうちに生存することを人権として保障されなければならず、人権の尊重なくして「福祉」は実現されない。平和的生存権を保障し、戦争を放棄することは、人権尊重の大前提であり、「福祉」の実現のための基盤であると考える。
     「福祉」とは人々の快い生活の基盤、機会、条件となるものであり、幸福を追求するための社会的基盤である。日常生活において、人間らしい生活には栄養、住居、健康など基礎的な物質的ニーズと教育、余暇など基礎的な文化的ニーズ、それらが満たされて発生する高度なニーズがある。「福祉」を考える上では、基礎的な欲求充足と人間らしさが同時に重視されるべきである。「福祉」が目指す生活は、人権や豊かな環境など平和が守られ、保健、医療、社会保障など生命の安心が保障され、文化や教育など人々のコミュニケーションが充実し、自立的な生活の前提条件として雇用や所得が保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。