Z1101 学校教育職入門 第1設題 A評価合格済み H29、30対応

閲覧数1,855
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    Z1101 学校教育職入門のレポートです。
    A評価で合格を頂きました。
    各項目ごとに区別し、分かりやすくまとめられていると思います。大変良いとの評価もいただきました。
    レポート作成につまづいた際の構成や論述の参考にしていただけたら幸いです。

    (丸写しは剽窃となり、処分の対象となりますので、ご注意ください。)

    参考文献 2016年 教職問題研究会 編著 『教職論ー教職を志すすべてのひとへー』 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめた上で、あなたはどのような教師になりたいかを述べよ。
    「教育論」
     「教育」とは人間が生きていく上で必要不可欠なものである。そして、その教育を生業としているのが「教員」である。その教員に現代の社会で求められる資質とは一体何であろうか。そのテーマを論ずるにはまず教員というものの論理を辿っていく必要があろう。教育論は時代によって変化し、主に、「聖職者論」、「労働者論」、「専門職論」が存在する。まず「聖職者論」とは1886年に制定された師範学校令で記されている教育論で、「順良信愛威重ノ気質」を備えた教師の養成を目的とし、順良、信愛、威重の3つを特に重んじ、日本の天皇制国家の方針に忠実に従い、国家の為に身を捧げ奉仕する人材を養成する事を目的とした教育であった。その為、その教育に従事する教師は、給与や労働条件に関心を持つべきではなく、国家の為に尽くす教育という崇高な使命に邁進するといった「聖職者」としての教育論であった。しかし第二次世界大戦に日本は敗北し、アメリカのGHQによって教育論は大きな変換を遂げる。その時に「国家の為の教育」から「自己の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。