情報社会論

閲覧数1,380
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    情報社会を、さまざまな角度で論じたものです。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【情報社会論】
    まず最初にモジュールとは、工学などにおける設計上の概念で、システムを構成する 要素となるもの。いくつかの部品的機能を集め、まとまりのある機能を持った部品のことである。コミュニティとは、ネットワーク上における情報交換を目的とした団体、または情報交換を目的としたネットワークそのもののことである。モジュールとコミュニティの大きな違いは、個々に持つ性質であり、モジュールでは、個々に関係性が深く、組み合わすことによって、集合体として、1つの形を形成するが、コミュニティでは、個々に共通性は認められるものの、基本的に個々で異なる性質を持っている。集合することによっても、組み合わすことはできないし、おおきな1つの集合体を形成することもない。次にソーシャル・キャピタルの概念とは、基本的に、行為者のタスク、 行為者がおかれた環境、行為者が属する集団内部の構成とともに、外部とのつながりなどに 対する多角的な思料が必要とされていることである。
    ソーシャル・キャピタルとは社会的ネットワークに埋め込まれた,ネットワークを通じて利用可能になる資源であり,社会的ネットワークそれ自体はソーシャル・キャピ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。