【明星大学】教育法規1_合格レポート単位2

閲覧数1,286
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育部 社会科
    教育法規1 2単位目合格レポート 2017年度~


    【課題】
    教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置にはとのようなものがあるかその概要に言及し、まとめなさい。


    【 講評 】
    特に指摘もなく、高評価でした。


    【 ポイント 】
    1回目の提出で合格しました。講評は以上の通りです。
    本レポートは教科書の内容を過不足なくまとめられると合格すると思われます。
    ただし教科書の文量が多いので、いかに要点を抜き取るかが重要であると思われます。


    以上、ご参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育法規 1_単位 2
    【 1、設問 】
    教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置にはとのようなものがあるか
    その概要に言及し、まとめなさい。
    【 2、本文 】
    憲法 26 条 1 項において、すべて国民はひとしく教育を受ける権利を有することが保障さ
    れている。この教育の機会均等原則から様々な教育財政上の措置が講じられているが、そ
    れら措置を①教育を受ける側、②教育を行う側の 2 つの視点からまとめる。
    まず①について、憲法 26 条 2 項の定める義務教育の無償が挙げられる。これは義務教育
    の完全就学実現のために無償性を宣明したものであり、これを受けて教育基本法 5 条 4 項
    は公立学校の義務教育について授業料を徴収しないことを明示している。ただし無償の範
    囲は授業料に留まり、教科書、学用品、その他教育に必要な一切の費用にまでは及ばない
    ことに留意が必要である(義務教育費負担請求事件)。しかし全ての国民にその子女に普通
    教育を受けさせる義務を課す以上、その負担を軽減するよう国が配慮することが望ましい。
    昭和 30 年代後半、「教科用図書の無償措置に関する法律」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。