リハビリテーション論

閲覧数679
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/03/27 9:42
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     親が子供に「早くひとり立ちしなさい」「早く自立しなさい」という言葉はよく聞く。この中で、使われている「ひとり立ち」や「自立」という言葉には、親からの金銭の援助なく自分で働いて自分が欲しい物や自分の住む家の家賃あるいは自分の家自体を自分自身の力で稼いだお金で支払えるようになりなさい、という意味が込められているように思う。つまり、「誰の世話にもならずに生きろ」という「自活」という意味が含まれている。
     健常者の言う「自立」に対し、障害者の目指す「自立」には「経済的自立=自活に近い」、「身辺の自立」、「自己決定の自立」、3つの異なる自立に分けることができる。この3つの自立の意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。