S0106 教育社会学 第1設題  最新

閲覧数930
ダウンロード数13
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/03/22 15:31
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    S0106 教育社会学 第1設題のA判定レポートです。
    新しいテキストの要点をまとめ、自分の意見や考察も取り入れました。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、「社会における社会的地位、職業的地位など限られた資源配分の重要な基準のひとつとして学歴が重きを占める社会」のことである。つまり、社会構造と資源配分の問題で、ただ単に教育を重視する社会ではない、ということである。学校という教育の場で受ける教育を、社会的地位を配分する際に重視することを表している。そのため、社会的地位の配分に学歴を重視しないのであれば、それは学歴社会ではないといえる。この学歴社会とよく混同される言葉に「高学歴社会」がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を表す言葉である。これは高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会のことをさす。学歴社会は、あくまで学歴が配分の基準として考えられ、低学歴社会だが学歴社会ということも論理的にはありうる。注意すべきは、学歴社会がただ単に教育自体を重視する社会ではないということである。
    日本の学歴社会では、学歴は就職や結婚、交友関係の形成に影響を及ぼす。偏差値や大企業への就職率、国家公務員試..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。