認知症高齢者の在宅看護.パワーポイント

閲覧数1,005
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/03/05 14:46
    • ページ数 : 12ページ
    • 会員1,080円 | 非会員1,296円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知症高齢者の在宅看護
    認知症とは
    認知症は脳が情報を処理・貯蔵・検索・操作するための基本的能力がはたらかなくなり、記憶障害、失語(言語障害)、失行(運動機能障害)、失認(対象認知の障害)、実行機能障害(抽象的な思考、複雑な行動を行う能力障害)等により、日常生活全般に障害を起こす。
    原因疾患として最も多いのはアルツハイマー病、次いで脳血管疾患、ピック病、パーキンソン病などがある。
    認知症の中核症状と周辺症状
    中核症状
    記憶能力を障害されることによって起こる。
    →記憶障害・失語・失行・失認・実行機能障害
    周辺症状
    中核症状に心理的・身体的要因が加わって起こる。
    →意欲減退・不安・焦燥・夜間せん妄..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。