【精神看護学】事前学習まとめレポート

閲覧数2,469
ダウンロード数11
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/02/23 14:29
    • ページ数 : 29ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    看護学生向け。精神看護実習の事前学習レポートです。
    実習前の学習や、レポート作成の参考になれば幸いです。

    1.精神保健福祉法に定める入院形態と鑑定入院
    2.人権擁護(通信・面会)
    3.障がい者総合支援法
    4.神経発達障害
    5.リカバリーとストレングス
    6.地域精神保健福祉における多職種連携と訪問看護【アウトリーチ】
    7.長期入院患者の地域生活移行
    8.社会資源の活用:精神科デイケア
    9.統合失調症の症状(陰性症状と陽性症状)・検査・治療・観察事項と看護
    10.感情(気分)障害患者の病態・症状・検査・治療・観察事項と看護
    11.主な治療と看護上の留意点
    ①薬物療法、②精神療法、③作業療法(OT)、④心理教育、⑤SST、⑥m-ECT
    12.精神障がい者と外出するときの注意点
    13.ペプロウ看護論と人間関係形成プロセス
    14.精神障がいをもつ人とのコミュニケーションの特徴

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神看護学 学習レポート
    1.精神保健福祉法に定める入院形態と鑑定入院
    2.人権擁護(通信・面会)
    3.障がい者総合支援法
    4.神経発達障害
    5.リカバリーとストレングス
    6.地域精神保健福祉における多職種連携と訪問看護【アウトリーチ】
    7.長期入院患者の地域生活移行
    8.社会資源の活用:精神科デイケア
    9.統合失調症の症状(陰性症状と陽性症状)・検査・治療・観察事項と看護
    10.感情(気分)障害患者の病態・症状・検査・治療・観察事項と看護
    11.主な治療と看護上の留意点
    ①薬物療法、②精神療法、③作業療法(OT)、④心理教育、⑤SST、⑥m-ECT
    12.精神障がい者と外出するときの注意点
    13.ペプロウ看護論と人間関係形成プロセス
    14.精神障がいをもつ人とのコミュニケーションの特徴
    1.精神保健福祉法に定める入院形態と鑑定入院
    精神保健福祉法に定められた入院形態
    概要
    任意入院
    (第20条)
    本人の同意に基づく入院。ただし、精神保健指定医が認めた場合には、72時間に限って退院を制限することができる。緊急時、特定石の診察の結果、医療および保護のために入院継続の必要があると認められた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。