心理学 思いやりを育てるには

閲覧数819
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/02/21 11:10
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    聖徳大学通信保育科 心理学 思いやりを育てるには 評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学 思いやりを育てるには
    最初に思いやりとは何か。辞典によると、「他人の身の上や心情に心を配ること、またその気持ち
    、同情」と記されている。
    近年、子どもたちによる衝撃的な事件が多発しており、規範意識の低下、倫理観や社会性の不足と
    いった状況が各方面から指摘されている。豊かな心を育むことは人格形成の基本であり、自立心、
    誠実さ、勤勉さ、責任感、感謝や思いやりの心、礼儀、美しい物に感動する心、生命を大切にする
    心などが大切なものである。その大きな柱として、子どもたち一人ひとりに、いかに思いやりの心
    を育てていくかを考える必要がある。思いやりの心は、円滑な対人関係を営むためにも必要不可欠
    なものである。
    では、どのような働きかけをすれば子どもの思いやりを育てることができるのか。子どもの思いや
    りの心を育てるためには、まず子どもを思いやることが大切である。口で言って聞かせるものでは
    なく、感じる気持ちの問題なので、しつけの中で最も難しいものの一つだといえる。ゆっくり時間
    をかけて徐々に育まれるものであり、身体で覚えていくことが必要不可欠であるため、身体への働
    きかけにとても効果がある。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。