中央大学法学部通信教育課程 民事訴訟法 2019年度 第2課題 合格レポート 評価B

閲覧数2,428
ダウンロード数59
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程 民事訴訟法 2017〜2019年度共通の第2課題です。B評価にて合格しました。
    【第2課題】 Xは、Yに対して、500万円の貸金の返還を求める訴訟を提起した。第1回口頭弁論期日において、Xが「Yに平成26年7月1日に500万円を貸し付けた」と主張したところ、Yは「①それについては認めるが、②すでに平成26年12月1日に全額弁済した」と陳述した。これに対し、Xは「③弁済の事実については争う」と述べた。  第1審は、Yの弁済の主張を排除して、Xの請求を容認した。この判決に対し、Yは控訴し、控訴審においても弁済の事実を主張していたが、控訴審の口頭弁論終結直前になって、「Xに対して有する代金債権でXの主張する貸金債権と相殺する」との抗弁を提出した。 (1)第1審の第1回口頭弁論期日において、Yが行った「①それについては認める」との陳述は、訴訟上、どのような効果を生じるか。その趣旨についても説明しなさい。 (2)XY間で争いのある弁済の事実について、裁判所がその存否について確信を持てない場合、裁判所はどのように弁済の問題を処理するか、説明しなさい。 (3)控訴審裁判所は、Yが提出した相殺の抗弁をどのように扱うべきか、論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第2課題】
     Xは、Yに対して、500万円の貸金の返還を求める訴訟を提起した。第1回口頭弁論期日において、Xが「Yに平成26年7月1日に500万円を貸し付けた」と主張したところ、Yは「①それについては認めるが、②すでに平成26年12月1日に全額弁済した」と陳述した。これに対し、Xは「③弁済の事実については争う」と述べた。
     第1審は、Yの弁済の主張を排除して、Xの請求を容認した。この判決に対し、Yは控訴し、控訴審においても弁済の事実を主張していたが、控訴審の口頭弁論終結直前になって、「Xに対して有する代金債権でXの主張する貸金債権と相殺する」との抗弁を提出した。
    (1)第1審の第1回口頭弁論期日において、Yが行った「①それについては認める」との陳述は、訴訟上、どのような効果を生じるか。その趣旨についても説明しなさい。
    (2)XY間で争いのある弁済の事実について、裁判所がその存否について確信を持てない場合、裁判所はどのように弁済の問題を処理するか、説明しなさい。
    (3)控訴審裁判所は、Yが提出した相殺の抗弁をどのように扱うべきか、論じなさい。
    (1)本問において、XのYに対する貸金返還..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。