家庭支援論「家庭支援の背景と意義及び支援の内容について述べよ。」

閲覧数8,813
ダウンロード数16
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    家庭支援がなぜ必要になってきたのか、その社会的背景を説明しその意義と構造、具体的な支援内容について説明したレポートです。【B評価】でした。所見では、家庭が問題を抱えた際のサービスとその問題発生を未然に防ぐためのサービスを整理して追加すると更によいとの指摘を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     家庭支援の背景と意義及び支援の内容について述べよ。
     1.はじめに
    産まれたばかりの赤ちゃんは、保育者なしで生きていくことはできない。子どもの命は、保護者や子どもを取り巻く大人によって守られている。子どもの生活の基礎となる場が「家庭」である。これより家庭支援の背景・意義・支援内容について述べていく。
     2.家庭支援の背景
     かつての日本では、祖父母・両親・子どもの3世代間で生活を送るのが主流であった。更に、同じ地域に暮らす近所の住民同士のつながりが強く、地域住民の相互扶助活動が活性化されていた。しかし現代の日本では、都市化等社会の変化を原因に地域の住民同士のつながりが弱まっている。また女性の社会進出が進み未婚率や晩婚率が上昇したことで、少子化や核家族化が問題視されている。その他にも高齢者世帯や単独世帯の増加に伴い孤立した世帯が増加し、家族や地域住民へ育児の協力や育児相談をする環境が減少している。子どもを安心して育てる場が減少し、子育て世帯の親の不安が高まってきた。このような社会の変化が原因となり、家庭の機能が弱まってきたのである。
     3.家庭支援の意義と構造
    家庭支援の意義は以下の3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。