商品学 分冊① 合格レポート 日本大学通信教育部(H29.30年度版)

閲覧数2,226
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本大学通信教育部の合格レポートです。 お時間のない方や、内容にお困りの方に参考にしていただければと思います。   完全コピーだけは申し訳ありませんがご遠慮ください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スマートフォンの品質構造について
     
     昨今さまざまな商品が存在する中で、消費者はその商品を選択するうえで様々な要素を判断し総合的に鑑みて消費をしている、とりわけ品質という部分に関しては非常に重要な判断材料であると感じる。品質というのは、消費者が商品によって満足を得る質的な評価のことであり、この品質はいくつかの要素によって成り立っている。
     商品学という学問の中ではこの品質の要素を三段階に分けて判断している。まず一次品質として機能面や性能面などの有用性や程度を判断する。次に二次品質で個人的な趣味や嗜好、ライフスタイルなどの感性面フィット感などを判断する。そして最後に三次品質では流行性やブランド性、ステイタス性や環境性などの社会的評価への適合性やこだわりなどを要素としている。
     このような品質の要素を現代で的な商品であるスマートフォンと照らし合わせて考察していきたい。まず一次品質という部分だが、スマートフォンにおいてはこの一次品質の向上がすさまじい。本来の目的であった通話という機能に加え様々な機能が付随しており、もはや本来の品質をはるかに超えた一次品質の次元が存在しており、消費者が求める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。