【2017年】合格レポート 明星大学 PL2020 知的障害者の生理・病理1単位

閲覧数696
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/12/18 17:25
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    明星大学通信の科目レポートです。高評価をいただきました。ご参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 PL2020 知的障害者の生理・病理 1単位目
    【課題】
    発達障害の定義を説明しなさい。また、具体的な発達障害を挙げてその障害を引き起こす原因仮設を述べなさい。また、知的発達障害は様々な発達障害に併存することが多い。どのように鑑別したらよいのだろか。
    【講評】
    簡潔にまとめています。
    課題①では発達障害の定義を述べ、発達障害の中でもてんかんを取り上げ、この障害を引き起こすと考えられる原因、知的発達障害との違いについて下記の通り述べる。
    発達障害の定義は様々な捉え方がある。例えばアメリカ公法では、以下の5項目のような重度・慢性の障害を持つ者と定義付けている。その項目とは、1)精神的障害または身体的障害を抱える者、もしくは精神的障害および身体的障害双方合わせ持っている者であること、2)22歳以前に障害が出現している者、3)将来も障害が続くと思われる者、4)主な生活能力のうち3つ以上制限がある者、5)療育やサービスを継続して必要とする者であると言われている。一方日本では1990年に、精神遅滞、脳性まひ、てんかん、自閉症、学習障害、重症心身障害を含む22歳以前に発症したすべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。