聴覚障害者の指導法 [PL4020]

閲覧数1,001
ダウンロード数13
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/11/24 15:27
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    明星大学 教育学部[PL4020]
    聴覚障害者の指導法 1単位目 
    通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは「合格」の評価をいただけました。
    少しでも、皆様のお力になれたら幸いです。
    私のブログでもう少し詳しいレポートの見本が見れます。

    レポートの進め方や、勉強のコツなども
    日々アップしているので、よかったらそちらも覗いてみてください。

    http://ameblo.jp/meiseishirou

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ⚫️聴覚障害者の指導法 1単位目≪レポート課題≫聴覚に障害のある児童生徒を指導するとき、教師が配慮しなければならない指導上の留意点について説明せよ
     聴覚障害がある児童生徒の指導において、教師が配慮しなければならない指導上の配慮事項にはどのようなものがあるだろうか。 まず指導する上で聴覚障害児の実態把握に努める必要がある。そのために教師は、聴覚障害の原因、部位、程度などの基本的な事項を理解をしておくことが大切である。さらに、聴覚障害のない子どもの聞こえと言葉の発達の程度、聴力検査の手順および方法、聴覚補償器機の知識や操作・調整の技術等も理解しておくと、今後の指導にも役立つと考えられる。聴覚障害は、音や音声を聞きにくい障害であることから、音声言語のコミュニケーションが円滑に進みにくいことが容易に想像できる。しかし、聴覚障害がコミュニケーション全般を困難にすると理解することは正しくない。なぜなら、教師は児童生徒と、聴覚だけでなく、視覚やその他の感覚を活用して関わることができる。児童生徒の実態に合わせながら、聞こえを含めた多様な方法でコミュニケーションを行うことが大切である。
     次に各教科の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。