日大通信 情報概論 分冊1 H29 H30 合格

閲覧数981
ダウンロード数19
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日大通信の平成29-30年の分冊1の合格レポートです。
    外資系企業の導入例をもとにまとめておりますので、日本社にはない視点でまとめております。
    ご一読いただけると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビッグデータとは、既存の技術では管理しきれない程に増大、複雑化した膨大な情報のデータをいい、保険業界
    ではビックデータを活用した新たなサービスを模索している。以下にビックデータの概要と活用方法を述べる。
    1 ビッグデータを構成するデータ
    代表的な例として、4点を説明する。
    ①インターネット上のデータ
    パソコン、スマートフォンを介してインターネット上で個人が情報を発信することで形成される様々な情
    報交流サービスをいう。具体的には電子掲示板、ブログ、SNS 画像や動画の投稿・共有サイト、通販サイ
    トの購入履歴・書込み欄。
    ②販売時点情報管理システムのデータ
    販売店に設置したポス端末とホストコンピュータを結び売上や在庫を管理、単品別に発生する販売情報を
    仕入れや生産に即座に反映するシステムの管理データ。
    ③カーナビゲーションシステムのデータ
    自動車の現在位置と目的地を、進行方向や右左折をジャイロや振動・加速度・傾斜センサで捕捉していく
    自律航法、GPS 衛星のうち、3個以上から受けた電波をもとに三次元、二次元の位置を計算する GPS 航
    法が管理するシステム。道路交通情報シス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。