2017年 明星大学 PL3080 特別支援教育実習

閲覧数1,186
ダウンロード数13
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/10/23 11:23
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    2017年のスクーリングのレポートです。高講評をいただきました。参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 PL3080 特別支援教育実習
    2017年5月で行われたスクーリング「特別支援教育実習」の修了レポート
    【課題】
    1.特別支援学校の教育の特徴を、①教育課程、②指導方法、③学習環境に留意して記述しなさい。
    2.特別支援学校で教育実習を行うにあたって、あなたが課題とすることは何ですか。スクーリングで学んだことを踏まえて述べなさい。
    特別支援学校とは、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者に対する幼稚園、小学校、中学校又は高等学校に準ずる教育を行う学校である。課題①は、特別支援学校の中から、肢体不自由および知的障害の特別支援学校に焦点を当て、教育課程、指導方法、学習環境の教育の特徴を下記の通りに述べる。
     特別支援学校に通う児童生徒は、障害程度や発達段階、行動特性が一人ひとり異なることが多々ある。従って個に応じた教育課程の編成や指導方法を行い、学習環境を整えることが必要不可欠である。まず教育課程を見ると、特別支援学校の教育課程は、幼稚園、小・中・高等学校に準ずる教育課程であるが、自立活動の時間も設けられている。肢体不自由な児童生徒は、健康的な問題や姿..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。