[社会福祉士]人体の構造と機能及び疾病[A評価]

閲覧数2,690
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題における、「人体の構造と機能及び疾病」科目の「国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方と健康状態・生活機能低下の概念」について記述したものです。
    100点満点中95点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人体の構造と機能及び疾病
    【課題】
    国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方と健康状態・生活機能低下の概念について
    まとめなさい。
    世界保健機関(WHO)は、広義の健康に関するすべての分野で複数の国際分類を開発
    し、最も古いものは国際疾病分類(ICD)で、すでに 100 年以上の検討が継続されてい
    る。当初1980年にICDの補助分類として開発された国際障害分類(ICIDH)か
    ら、2001年に改訂された国際生活機能分類(ICF)に移行している。WHOは、2
    001年にICFを規定し、ネガティブな側面(生きることの困難さ)だけに注目した障
    害の分類ではなく、全体的な健康状態を把握しようとした。すなわち、ICFの対象は障
    害のある人だけに限らず、すべての人の健康に関する分類となる。IFCは背景因子とし
    て、環境因子と個人因子を加えた。ICFは分類学の原則に基づき、階層的枠組みで構成
    されている。心身機能と身体構造、活動と参加、環境因子、個人因子といった各構成要素
    は互いに独立しており、一つの構成要素において用いられた用語が別のところで繰り返さ
    れることはない。
    心身機能とは、身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。