[社会福祉士]相談援助の基盤と専門職[A評価]

閲覧数3,093
ダウンロード数27
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題における、「相談援助の基盤と専門職」科目の
    「総合的かつ包括的な相談援助が求められる背景、基本的視座、機能」について記述したものです。
    100点満点中90点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の基盤と専門職
    【課題】総合的かつ包括的な相談援助が求められる背景、基本的視座、機能について
    まとめなさい。
    日本のソーシャルワーク実践は「課題別対応による実践」から「地域による実践」へ変
    化している。この総合的かつ包括的な実践は「地域を基盤としたソーシャルワーク」など
    と呼ばれたり、地域で展開する「総合相談」とも表現されている。地域包括支援センター
    が高齢者領域における「総合相談」を地域で具体的に展開したり、障害者領域では、地域
    移行が大きなテーマとして推進され地域での受け皿づくりが急務となっていたり、児童福
    祉領域においても、児童に関する相談はまず市町村の窓口で受けることが求められるよう
    になり、虐待を受けた児童などに対する市町村の体制強化も固まってきているなど、総合
    的かつ包括的な相談援助が重視されるようになった背景として、第一には、生活課題の多
    様化により、社会福祉六法等に基づく従来の枠組みでは、対応できない課題が出てきたこ
    とである。少子高齢社会の到来などによって、子育て支援や介護等、国民の普遍的なニー
    ズヘと対象が広がった。第二は、子どもや高齢者等への虐待、借金..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。