[社会福祉士]就労支援サービス[A評価]

閲覧数5,367
ダウンロード数32
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題、「就労支援サービス」における「障害者の就労支援の現状から、障害者の就労支援のあり方を考えよ」について記述したものです。100点満点中90点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    就労支援サービス
    【課題】障害者の就労支援の現状から、障害者の就労支援のあり方について述べなさい。
    日本の障害者の就労支援施策は軍事援護の一環として発展した。 第二次世界大戦後、戦
    争被害による戦傷病者や失業者などへの救済措置として「職業安定法」が公布され、勤労
    局が「身体障害者職業安定要綱」を定め公共職業安定所を中心に職業補導・職業指導・就
    職斡旋を図ることになった。1988年にはすべての障害に対応した雇用促進制度とする
    ために「障害者の雇用の促進等に関する法律」と法律名を改めた。1998年になって知
    的障害者も雇用率の算定基礎としたが、精神障害者については、2006年より、精神障
    害者保健福祉手帳所持者を雇用率の算定対象とし、2016年4月の障害者雇用促進法改
    正を受けて、2018年4月から精神障害者の「雇用義務化」が始まった。労働施策にお
    いては、社会連帯に基づいた雇用率の遵守を求め、「職業リハビリテーション」の名のもと
    に公共職業安定所(ハローワーク)を中核とする事業を推進して、一般労働市場に障害者
    を誘導する施策がとられており、2001年に施行された行政機関の保有する情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。