博物館情報・メディア論 分冊1

閲覧数703
ダウンロード数6
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/08/28 14:39
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員756円 | 非会員907円

    資料紹介

    博物館情報・メディア論(科目コード:Y21000)分冊1の合格レポートです。(平成29・30年度の課題報告です。)
    科目習得試験で単位を取得し、A評価をもらいました。

    資料の最後に参考文献も記載してます。

    ※丸写しはせずに、参考程度に利用して下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    博物館情報・メディア論(科目コードY21000)分冊1
    博物館や美術館のホームページで公開されているさまざまな情報を内容や用途によって分けて整理し、それぞれの情報を公開する意義について述べなさい。
    <ポイント>
    博物館や美術館のもつ情報は多種多様でしかも膨大である。これらの情報の一部が利用者向けにホームページなどで公開されている。これらの情報が生まれる背景となっている各博物館や美術館の理念や目的、収蔵品の内容や活動との関わりを踏まえながら、情報の管理、情報の公開や発信の意義について理解を深めて欲しい。
    <キーワード>
    情報の種類、情報の管理と公開、情報発信の意義
    <参考文献>
    『博物館学-博物館情報・メディア論博物館経営論』大堀哲・水嶋栄治編(学文社 2012)
    『博物館・メディア論』西岡貞一・篠田謙一編(放送大学教育振興会 2013)
    『博物館・メディア論』日本教育メディア学会編集(株式会社ぎょうせい)
    -------------------------------------------------------------------------------------------..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。