慶應通信 社会学 合格レポート

閲覧数2,906
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    慶應通信 社会学 合格レポート
    お題
    「社会学 第5版19.犯罪と逸脱 問.「逸脱者」のレッテルを貼られた人の行為は、「正常な」人の行為とどのように異なるかたちで解釈されるのだろうか。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学
    社会学 第5版19.犯罪と逸脱 問.「逸脱者」のレッテルを貼られた人の行為は、「正常な」人の行為とどのように異なるかたちで解釈されるのだろうか。

    社会や集団には、個人が同調することを期待されている行動や判断の基準である規範が存在するのである。また、人間社会集団には、様々なルールがあり、ルールを守ることができなければ「逸脱者」としてのレッテルを貼られることがある。私の人生において、身近にあるルールを考えてみると、家庭内、学校、会社、法律がある。ルールがあるからこそ秩序が保たれ、人間関係が形成されているわけだが、そのルールを破るものは、少なからず厄介者や犯罪者のレッテルを貼られてしまい、一般社会から排除されてしまうのである。これらは、誰もが人生の中で少なからず、一度は、見たり、聞いたり、体験するものである。また、人それぞれの価値観や認識においても、レッテルの貼り方が異なってくるのだと考える。私自身もいつ、「逸脱者」のレッテルを貼られるか分からない環境におり、人間社会集団において、全ての人間が「逸脱者」のレッテルを貼られる可能性は、十分にあるのではないかと考える。本論では、「逸脱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。