犯罪心理学の意義と刑事精神鑑定について

閲覧数3,737
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【科目名】

    犯罪心理学



    【 テーマ】

    犯罪心理学の意義と刑事精神鑑定について



    【課題】

    現代社会において、犯罪心理学はどのような意義を持つかを述べよ。また、なぜ精神鑑定で心神喪失・心神耗弱と判定された者は刑を免れたり、減軽されるのかを述べ、刑事精神鑑定の種類と概要を述べよ。


    武蔵野大学 通信教育部 人間科学部 心理学専攻

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪とは、自然法的に人類共通の認識に基づく部分と、刑法により規定されている部分の両面を持
    つ。現代社会において犯罪心理学とは、このような犯罪を犯した犯罪者と犯罪行為を心理学的視点か
    ら研究し、犯罪の抑制と犯罪者の矯正・更生、犯罪被害者の心理的ケアについて貢献しようとする学
    問である。応用心理学の一分野であると同時に、犯罪という現象について学際的に研究しようとする
    犯罪学の一分野でもある。
    精神鑑定において心神喪失・心神耗弱と判定された者は、刑を免れたり軽減されることがあるが、
    以下の理由に由るものである。
    刑法において犯罪は①構成要件該当性、②違法性、③責任、の3つの用件を満たす行為と定義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。