家庭支援論 設題1

閲覧数2,097
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    合格レポートです。
    参考にしてください。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1 戦後の日本社会はどのように変化したか説明しなさい。また、それらは家庭にどのような影響を与えてきたのか説明しなさい。
     第二次世界大戦後、日本は高度経済成長期を迎え、産業構造の変化や都市化による人口集中などによる生活に変化などが見られた。人々が生活の場を都市部へと集中させることになり、それに伴う核家族化、少子化世帯人員の縮小、単身世帯等の増加が見られた。かつては三世代家族が一般的であった家族形態は現在の核家族世帯へと変化していったのである。また1950年代は第一次産業就業者が全体の半数近くを占めていたのに対し、2000年代頃には第三次産業就業が全体の6割を占め、現在も増加している。

     ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。