日大通信 平成29~30年度 R32300 情報概論 分冊1

閲覧数1,125
ダウンロード数9
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/06/12 16:53
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    日本大学通信教育部(日大通信)、平成29~30年度用の報告課題集に準じた、「R32300 情報概論 分冊1」の合格レポートです。
    レポート内容と共に、報告課題内容, ポイント, キーワード等も載せています。

    講評では、「概要や技術等、必要となるポイントをきちんと全て網羅しており、限られた文字数制限の中での文章の構成やまとめ方も申し分なく、全体として素晴らしいレポートである」との旨が記されていました。

    なお、指定されたキーワードは全使用、参考文献も基本的に報告課題集に記載されていたものを使用しています。
    また、国立理系出身なため、どちらかと言えば理系寄りの構成になっています。

    分冊2はこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/129737/
    分冊1&分冊2のセットはこちら→ http://www.happycampus.co.jp/docs/943372473152@hc14/129738/

    ――――――以下、報告課題集の記載内容――――――

    【分冊1】
     平成24年度情報通信白書では,災害時の復興でICTとビッグデータの扱いが重要であるといっている。
     白書の本編 第1部2章1節の「4 知識情報基盤として新たな付加価値を創造するICTとビッグデータの活用」をよく読んでビッグデータとは,どういうものか説明せよ。
    (注意)
     平成24年度情報通信白書 本編第1部2章1節の「4 知識情報基盤として新たな付加価値を創造するICTとビッグデータの活用」のURL
     http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc121400.html
    (太字による検索も可)

    〈ポイント〉
     教科書のビジネスにおけるインターネットの活用や顧客管理の中のデータマイニングのキーワードの発展的な内容となる。ビッグデータは,異変の察知や予知・予測といった新たなサービスの局面に活用されつつあり,これから主役となる新しいICT分野(例えばAI)との関連を言及することが望ましい。
    〈キーワード〉
     インターネット データマイニング 異変の察知や予知・予測
    〈参考文献〉
     ITパスポート試験教科書

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。