更生保護制度

閲覧数1,405
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2017年卒業。
    社会福祉士通信課程のレポートです。
    教科書・参考書等を参照し作成した完全オリジナルのレポートになります。
    科目名:更生保護制度
    課題:更生保護の対象について簡潔に示し、更生保護の目的や意義について述べよ
    評価:85
    文字数:1200字
    参考文献:明記済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    更生保護制度の主な内容としては①仮釈放等②保護観察③生活環境の調整④更生緊急保護⑤恩赦⑥犯罪予防活動の6つが挙げられる。更生保護の対象は成人・少年の両方であり、以下では上記に挙げた6つの項目ごとにその対象となる者について述べる。①の仮釈放等の対象者は刑事施設や少年院、婦人補導院に収監されている者であり、②の保護観察の対象者は保護観察処分少年、少年院退院者、仮釈放者、保護観察付執行猶予者、婦人補導院仮退院者である。③の生活環境の調整を受ける者としては刑事施設・少年院に収容中の者、裁判確定前の保護観察付執行猶予者が挙げられる。④の更生緊急保護の対象者は、刑事上の手続きまたは保護処分による身体拘束を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。