初等教科教育法 家庭レポート

閲覧数708
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    家庭科教育必須資料です。レポート等でも、高評価を得ています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    実践的・体験的な活動を通して日常生活に必要な基礎的・基本的な知識・技能を身に付け、家族の一員として生活をよりよくしようとする家庭科のねらいに即して、次の内容からひとつを選び、指導計画を立て、指導案を作成しなさい。 
    家庭科学習指導案
    日時:平成24年9月15日(仮定)
    学級:5年1組 男子15名 女子15名
    教室:家庭科室
    指導者:(科目等履修生)  印
    1 題材名「自分の家庭生活をみつめてみよう」A 家族生活と家族
    2 題材について
     5年生になった児童たちは初めて家庭科を学ぶため期待と不安でいっぱいである。高学
    年になったが全員にその自覚は見当たらない。今回のテーマを選択した理由として基礎的
    な家庭生活を送れているか振り返る
    機会にしたいと考えたからである。
     これまで、「自分の成長」について気づく学びを行ってきたが、自分の成長を実感できる機会として捉えたい。クラス全員の成長・発達について一律に行うことは不可能であり、自分が成長できていないと考えることのないように個性を大切にしたい。家庭生活は、生活の基本である。あるべき家庭像を押しつけることは、児童の意欲を損なうことにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。