更生保護制度:保護観察官(社会福祉士)について、具体的な事例を基に業務の実際と社会福祉士として重要な視点について論じなさ

閲覧数1,654
ダウンロード数9
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/04/03 13:51
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    レポート評価90点でした
    保護観察官(社会福祉士)について、具体的な事例を基に業務の実際と社会福祉士として重要な視点について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学籍番号
    氏名
    科目名
    更生保護制度
    選択課題
    番号
    <課題>
    保護観察官(社会福祉士)について、具体的な事例を基に業務の
    実際と、社会福祉士として重要な視点について論じなさい。
    <引用・参考文献>
    ①刑余者の再犯防止等司法領域における社会福祉士の活動の可能性についての基礎研究事業報告書
    社団法人日本社会福祉士会
    ②この想いを伝え・・人間って本当は優しいんだよ
     大沼えり子 KKロングセラーズ
    ③更生保護制度
     新・社会福祉士養成講座 中央法規
     保護観察とは犯罪者を処遇する方法の一つであるが、刑務所や少年院などの矯正施設が強制的に施設の中で拘禁または収容しているに対し、実社会という施設外において処遇を行う社会内処遇と言われるものである。
    その担い手である保護観察所長、保護観察官、保護司について、各々の役割と相互の関係について説明していく。
     まず保護観察所長について説明する前に、保護観察所とは何かについて説明する。
    保護観察所は全国の地方裁判所の管轄ごとに設置され、保護観察官が配属され、保護観察所長からの指名を受け、保護観察を実施している。保護観察所長は保護観察所の長であり、更生保護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。