【佛教大学】【一発合格】P6305 米文学研究 第1設題 2016年度提出 C評価【レポート】

閲覧数1,953
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【佛教大学通信】P6305 米文学研究 第1設題のレポートです。C評価をいただいております。

    【一発合格】構成等に気をつけ、時間をかけて作成しました。

    第1設題『『グレート・ギャッツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。』

    合格がかなり難しいレポートとなります。
    レポート作成の参考としてぜひご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グレート・ギャッツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    F.スコット・フィッツジェラルドが描いた『グレート・ギャツビー』には感覚的な描写が多く使われている。彼はニック・キャラウェイの視点を通し、登場人物やその周りの情景を感覚的な表現を用いて描いているが、言葉にしている内容からだけでなく、その登場人物に関する色彩によって登場人物をより具体性を持った人物に仕上げている。
    ニックがトム・ブキャナンに連れられ、初めてミセス・ウィルソンと会った場面では、「茶色」のモスリンのドレスから「クリーム色」のアフタヌーン・ドレスへと衣装替えをしたミセス・ウィルソンを見て、「衣装が替わったことによって、人格にも変化が見受けられた(With the influence of the dress her personality had also undergone a change)」(村上62)と彼は感じている。つまり、衣装替えの前後、ドレスの形状が多少異なっていることもあるが、色彩の変化によってミセス・ウィルソンの人格が変化してしまったのだと考えることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。