【お得】【佛教大学】P6302 米文学史 第1・2設題セット 2016年度提出 A評価【レポート】

閲覧数1,958
ダウンロード数19
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    【佛教大学通信】P6302 米文学史 第1・2設題のレポートセットです。
    どちらもA評価をいただいております。

    【お得】第1・2設題のセットとなっております。

    第1設題『マーク・トウェイン、J・D・サリンジャー、レイモンド・カーヴァーの各冒頭に引用された原文を日本語訳しなさい。(テキスト中の日本語訳は参考までにし、自分独自の訳をすること)。』
    第2設題『(1)アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。(2)ベトナム戦争とアメリカ文学について、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。』

    レポート作成の参考としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『マーク・トウェイン、J・D・サリンジャー、レイモンド・カーヴァーの各冒頭に引用された原文を日本語訳しなさい。(テキスト中の日本語訳は参考までにし、自分独自の訳をすること)。』
    マーク・トウェイン
    みなさんが『トム・ソーヤの冒険』という名前の本を読んだことがないのなら、私のことは知らないだろう。だが、そんなことは問題ではない。その本はマーク・トウェインさんによって書かれたもので、主に事実について語っている。多少誇張したところもあるが、ほとんどは事実についてである。なにも気にするところはない。ポリー伯母さんや未亡人、メアリーを除けば、誰であろうが一度や二度は嘘をついている。ポリー伯母さん―彼女はトムの伯母さんである―やメアリー、ダグラス未亡人については全てその本において語られている。その本というのは、前にも言ったように、多少誇張したところもあるがほとんど事実についての本のことである。
    J・D・サリンジャー
    もしもあなたが本当に聞きたいのであれば、まず初めに私がどこで生まれたかとか、みじめな子ども時代がどんなだったかとか、私が生まれる前の両親は何をしていたかとか、『デイヴィッド・コパフィー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。