日大通信合格レポ:【分冊1】情報メディアの活用

閲覧数1,294
ダウンロード数16
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    課題「学校教育及び学校図書館におけるオンライン系のメディアであるインターネットのwebpageとディスク系のメディアであるCDとDVD、ブルーレイ・ディスク(CD-ROM,DVD-RAMも含む)に記録される情報の性質の違いと活用する上で引き起こされる問題点について論述しなさい。また、学校図書館における著作権の問題、特に著作物の複製と引用についても論述しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育及び学校図書館で活用される情報メディアの種類はいくつかある。そして、その情報メディアの種類によって情報の性質は異なっている。まず、学校教育および学校図書館におけるオンライン系のメディアであるインターネットのwebpageの情報の性質を以  下に述べる。オンライン系のメディアであるインターネットのwebpageは、文字、音声、静止画、動画を同時に取り扱うマルチメディアである。さらに、インターネットという情報通信ネットワークを通して、自分が必要な情報を入手したり発信したりできる双方向性を備えたメディアである。これにより、新聞や視聴覚教材などの従来複数のメディアが担ってきた役割が統合され、従来の情報メディアに代わり、同様の役割が果たせるようになっている。児童生徒がオンライン系のメディアであるインターネットのwebpageを活用する最も多いケースの一つとして考えられるのは、調 べ学習やプレゼンテーション活動などをするときである。この場合、一人一人あるいは小グループに分かれコンピュータを用いて、自らの興味関心に基づき情報収集し、個別の学習を行う。各々の興味関心に基づいて学習するため、その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。