【お得】明星大学通信 法学2(日本国憲法)1&2単位目合格レポートまとめうり

閲覧数1,727
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育部 法学2(日本国憲法) 1&2単位目合格レポート WE1020

    課題
     1単位目
     現代憲法の特色。
     国民の権利と義務
     2単位目
     日本の国会が二院で構成される理由
     司法権の機能と独立

    講評
    1単位目
    1は近代憲法から現代憲法への移行・修正がよく論じてある。2も人権の価値と分類・義務の内容がよく説明してある
    2単位目
    1の内容はよいが、院と員の混合が目立つので注意すること。2は司法の役割・機能を中心に論点がよく示してある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 法学2(日本国憲法) 1&2単位目合格レポート WE1020
    課題
    1単位目
    現代憲法の特色。
    国民の権利と義務
    2単位目
    日本の国会が二院で構成される理由
    司法権の機能と独立
    講評
    1単位目
    1は近代憲法から現代憲法への移行・修正がよく論じてある。2も人権の価値と分類・義務の内容がよく説明してある
    2単位目
    1の内容はよいが、院と員の混合が目立つので注意すること。2は司法の役割・機能を中心に論点がよく示してある。
    レポート本文
    1-1 現代憲法の特色
    憲法とは、国家を統治する基本体制や根本的秩序を定める法規範を指し、自由主義に立脚し国民の人権を保障する国家機構を定める基本法のことである。現在私たちが持つ日本国憲法は現代憲法としての特色を有しており、それが成立する上では近代憲法の原則が基本となっている。今回はまず近代憲法の原則を述べ、後にそれを維持しつつも修正されていった現代憲法の特色について説明する。
    近代憲法とは、17世紀から18世紀にかけ専制君主制ではなく市民の自由に重きを置いて形成された憲法である。その原則は3つあり、まず1つめは個人の権利と自由を国家権力の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。