レポート:高慢と偏見 考察

閲覧数3,970
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高慢と偏見を読み考察したことを以下のようにまとめた。
     
    1.18世紀の社会的背景
    2.18世紀の文学の全体的特徴
    3.18世紀の散文
    4.18世紀の韻文
    5.18世紀のイギリス文学についてわかったこと
    6.1から5までの記述の注
    7.参考文献
     
     
    1、18世紀の社会背景
        この革命は背景にピューリタンの宗教的性格があった。エリザベス1世(1533-1603)の死後、スチュアート家のジェームズ6世(1600-1609)が王についた。彼は王政神授説を主張していたこともあり、幾度と議会と対立していた。この対立には王の専制政治に対する議会の権利の主張、そして国教を反対しようとする新教徒との対立という二つの側面をもっていた。彼の子どもチャールズ1世の時代にはこの戦いがさらに激化した。議会を無視し、国教を強化し重税を課した。それを見かねた議会は王に対し1628年に「権利の誓願」を提出した。しかし王は翌年から11年間議会を開かず専制政治を強行した。さらに王はスコットランドで行われたカルビン派の長老派協会を国教会に似た監督制教会に変えようとする。そのためスコットランドで反乱がおこる。王は議..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。