平成17年度に成立し、平成18年に施行された改正介護保険制度の目的と内容を記したうえで、介護保険制度の課題を述べなさい。

閲覧数3,140
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「平成17年度に成立し、平成18年に施行された改正介護保険制度の目的と内容を記したうえで、介護保険制度の課題を述べなさい。」

    ポイント
     介護の社会化という視点から改正介護保険の内容を検討し、老人福祉の観点から課題を整理して論じています。

    評価:B(採点者のアドバイスを受け、加筆・修正したものを掲載しています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「平成17年度に成立し、平成18年に施行された改正介護保険制度の目的と内容を記したうえで、介護保険制度の課題を述べよ。」
     我が国では、急速な人口の高齢化によって、高齢者介護の増加が深刻な問題となっている。その中で、介護保険制度は国と国民の将来的不安要因の解消を期待されて構築されてきた。
     介護保険制度では、大きく分けて二つの効果を目指した。それは、増加する介護費用抑制による財政再建、介護サービスの効率化と質の向上である。介護保険の導入により、サービス費用の利用者負担が始まり、平成17年度に成立し、平成18年度に施行された改正介護保険制度では、介護の社会化に伴い、介護保険と年金給付の重複の是正..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。