【明星大学】PB3100 教育相談の基礎と方法 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,222
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 [PB3100]
    初等教育相談の基礎と方法 2単位目
    2016年度の明星大学教育学部
    通信教育課程における、レポート課題です。
    このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸いです。
    【課題】
    1.発達障害のある子供どもを通常学級においてどのように理解し、支援したらよいか、一つの
    発達障害を取り上げ、述べなさい。
    2.「いじめ」「不登校」「障害をもつ、あるいはそれを疑う子どもの保護者への支援」「困っ
    た保護者への支援」の問題のうち、いずれか1つを選んで、その理解と支援の方法を述べな
    さい。
    私のブログでもう少し詳しいレポートの見本が見れます。

    レポートの進め方や、勉強のコツなども
    日々アップしているので、よかったらそちらも覗いてみてください。

    http://ameblo.jp/meiseishirou

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 [PB3100]初等教育相談の基礎と方法 2単位目2016年度の明星大学教育学部通信教育課程における、レポート課題です。このレポートは特に注意もなく、「合格」の評価をいただけました。少しでも、皆様のお力になれたら幸いです。
    【課題】1.発達障害のある子供どもを通常学級においてどのように理解し、支援したらよいか、一つの発達障害を取り上げ、述べなさい。2.「いじめ」「不登校」「障害をもつ、あるいはそれを疑う子どもの保護者への支援」「困った保護者への支援」の問題のうち、いずれか1つを選んで、その理解と支援の方法を述べなさい。
    ○ レポート本文(空白含む2114字)
     1.注意欠陥多動性(ADHD)の子どもについて取り上げ、その支援方法について考察する。ADHDは脳の機能不全によって起こる発達障害のひとつで、保護者の愛情不足や環境が原因で起こる心の病気ではない。症状のあらわれ方は、「不注意」「多動性」「衝動性」の三つがあり、ひとによって症状は異なり、不注意が強かったり、多動性が強かったりと様々である。具体的な症状として、不注意(細かいことに注意が向かない、順をおってこなすことができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。