相談援助の理論と方法③

閲覧数4,322
ダウンロード数19
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉養成課程にて50点中40点の評価を頂きました。
    <課題>
    ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    1408文字
    〈参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅱ』(第3版第2刷)中央法規出版、2016年

    ・本間清文著『教科書が教えてくれないケアマネ業務』(初版第3刷)株式会社雲母書房,2011年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学籍番号
    氏名
    科目名
    相談援助の理論と方法③
    選択課題
    番号
    <課題>
    ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    <引用・参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅱ』(第3版第2刷)中央法規出版、2016年
    ・本間清文著『教科書が教えてくれないケアマネ業務』(初版第3刷)株式会社雲母書房,2011年
     ケースカンファレンスとは、「事例検討会」「ケース会議」「処遇検討会議」「事例研究会」などの意味で使用され、介護保険における「サービス担当者会議」等も近いものとして位置づけられている。対象事例に関わる援助チームのメンバーや、関係職員、様々な専門職種など、支援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。