相談援助の理論と方法①

閲覧数4,293
ダウンロード数17
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉養成課程にて50点中40点を頂きました。
    <課題>ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。
    1534文字
    〈引用・参考文献>
    (1)太田仁史、三好春樹監修『実用介護事典』(新改訂版)講談社,2013年 P398引用

    社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅰ』(第3版)中央法規出版,2015年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学籍番号
    氏名
    科目名
    相談援助の理論と方法①
    選択課題
    番号
    <課題>
    ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。
    <引用・参考文献>
    (1)太田仁史、三好春樹監修『実用介護事典』(新改訂版)講談社,2013年 P398引用
    社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅰ』(第3版)中央法規出版,2015年
     インテークとは、相談援助の展開過程において相談援助が開始される最初の段階であり、ソーシャルワーカーとクライエントの最初の接触場面である。「インテークでは援助対象となる人の課題を明らかにし、援助方針を立てるための情報収集、専門的援助関係確立の為の相互信頼関係形成を主たる課題とする。」1)というように、クライエントが本当に望んでいる事を引き出すこと、また、本当の悩みを打ち明けられる環境を作ることがインテークの重要性である。 インテークの構成は①主訴の提示:クライエントが何を相談したいのかをソーシャルワーカーに伝える。②ソーシャルワーク機能の説明:ソーシャルワーカーはどのような援助ができるのかをクライエントに伝える。③契約:クライエントの問題を理解した上で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。