《2016年》《2017年》明星大学通信「聴覚障害者の指導法 1単位目」特別支援 合格レポート

閲覧数1,993
ダウンロード数36
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2016年度の明星大学通信教育部 特別支援コース「聴覚障害者の指導法 1単位目」の合格レポートです。
    2017年度も同一の課題と確認しました。

    〈レポート課題〉
    ・聴覚に障害のある児童生徒を指導するとき、教師が配慮しなければならない指導上の留意事項について説明せよ。


    今後書く方の参考になれば幸いです。
    ブログでは、特別支援関係はじめ、どうでもいいことまで書いています。ぜひよろしければそちらもご覧いただけいると嬉しいです。
    http://blogs.yahoo.co.jp/summersong_mylvsong

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ⚫️聴覚障害者の指導法 1単位目≪レポート課題≫聴覚に障害のある児童生徒を指導するとき、教師が配慮しなければならない指導上の留意点について説明せよ。≪ここから本文≫ 聴覚に障害のある児童生徒を指導するとき、教師が配慮しなければならない指導上の留意事項について説明る。   まず聴覚障害に対する知識と子ども理解をしっかりとすることである。具体的には、聴覚障害の原因、部位、程度などについての基本的な理解、聴覚障害のない子どもの聞こえとの言葉の発達について、聴力検査の手順や判断の基準となる聴力レベルについての理解のことをさす。また、補聴器等の効果や聞こえの状態、本人の保有する聴覚を通して周囲の音や音声をどの程度理解しているか注意深く把握し、指導では、子どもが音や音声の意味を理解することを意図した場面や活動を設定していく必要がある。  更に聴覚以外の感覚をつかってコミュニケーションを図ることである。話し言葉によるコミュニケーションは、聴覚障害の子には困難な状態である。聴覚以外、主に視覚を用いたコミュニケーション手段に努めることが大切だ。見て分かるような配慮は、聴覚障害をもつ子どもにとって不可欠で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。