P6301【合格済みテスト解答】【一発合格】英文学史 6題セット【科目最終試験】

閲覧数2,454
ダウンロード数91
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    英文学史のテスト解答6題セットです。高得点で合格済みです。
    【作者名・作品名・重要語句に下線を引いています。あきらめず、印刷して電車などの移動中や入浴中などの隙間時間を利用して、まずはそこから覚えてみてください。】
    すべての解答を設題に沿ってその教科書の範囲を熟読してから、重要語句やキーワードを残さず含む解答を作成しました。また、文章のつながりを自然にすることと、論理的に論述するよう工夫したキーワードを含む解答文であるため、高得点が期待されます。理解しやすく覚えやすい解答であると思いますので、ぜひ参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文学史 テスト解答 まとめ
    ①1873年から1901年(ヴィクトリア朝)の小説について述べなさい。なお作家名や作品名は必ず英語表記にすること。
    ヴィクトリア朝期は英文学史上まれにみる小説の時代であった。作家たちは産業革命がもたらした諸悪を弾圧し、それを求めたのはその時代の主役となった中産階級の読者層だった。また、彼らは家族ぐるみの室内娯楽として小説を求めたのである。
    この時代の代表作家として、まずCharles Dickensが挙げられる。彼は労働者階級の出身で、教育を受けられず少年時代に工場での労働を余儀なくされる。その体験を後年の半自伝的大作David Copperfieldに詳細に記している。月刊誌The Pickwick Papersで人気作家の仲間入りを果たし、その後も当時の市民階級の読者の要望に応えたOliver Twistなどを次々に世に送り、まさに19世紀のエンタテイナーとなった。また、産業社会に対する告発の書Hard Timesや「クリスマスの精神」を謳歌した変わらぬ人気を保ち続けている中編A Christmas Carolなどを出した。
    Dickensとほぼ同時代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。