高齢者福祉論1「介護保険制度における、都道府県と市町村の役割を説明しなさい」

閲覧数1,927
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    高齢者福祉論。そのまま転載するのはおやめください、参考になさってください。
    評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    先般、2015年度の介護保険制度改正に向けた厚生労働省社会保障審議会部会の意見書素案が明らかになった。特徴は介護費用の急増を抑えるために、軽度者向けのサービスの一部を市町村事業に移すことや、高所得者の自己負担増などを盛り込んだことである。2025年問題を含め、今後さらに給付と負担のバランスをいかに保つかが問題になるものと考える。
    介護保険制度は市区町村が保険者となり制度を運営し、被保険者は40歳以上のもので区域内に住所を有することが要件となっている。また被保険者は第一号保険者(65歳以上)と第二号被保険者(40歳以上65歳位未満の医療保険加入者)に分けられる。なお、第二号被..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。