中央大学通信(2018・2017年度)【行政法1】課題1:「行政行為の意義、効力とその根拠、効力を争う

閲覧数2,802
ダウンロード数28
履歴確認

    • ページ数 : 12ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    行政行為の意義、効力とその根拠、効力を争う方法について、それを支える法制度と関連づけながら説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『行政法 1』(B18A)<課題 1> 教科書執筆者:櫻井 敬子
    行政行為の意義、効力とその根拠、効力を争う方法について、それを支える法制度と
    関連づけながら説明しなさい。
    1. 行 政 行 為 の 意 義
    行 政 行 為 と は 、 学 問 上 の 概 念 で あ り 、 実 定
    法 上 用 い ら れ る 概 念 で は な い 。 行 政 行 為 の 定
    義 は 学 説 に よ り 若 干 の 違 い は あ る が 一 般 的 に
    は 、 行 政 と 国 民 と の 間 又 は 国 民 相 互 の 間 の 法
    的 効 果 の 発 生 ・ 変 更 ・ 消 滅 の 段 階 で 行 わ れ る
    行 政 の 行 為 で あ り 、 公 権 力 の 行 使 と し て の 性
    格 を も つ も の を い う 。 判 例 は 、 公 権 力 の 主 体
    た る 国 又 は 公 共 団 体 が 行 う 行 為 の う ち 、 そ の
    行 為 に よ っ て 、 直 接 国 民 の 権 利 義 務 を 形 成 し
    又 は そ の 範 囲 を 確 定 す る こ と が 法 律 上 認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。