評価の公正性の確保と労使関係のあり方

閲覧数1,242
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    現在多くの日本企業がグローバル化し、国内だけではなく国際的な価格競争の中で優位性を保つため、また従業員のモチベーションの向上を目的に、企業は従来の年功序列制度から能力・成果主義賃金制度を導入しつつある。この賃金制度の適正な運用には、人事評価の公正性を確保しなくてはならない。近年、公正な人事評価の重要性が騒がれ、制度改訂や新制度導入が繰り返されているが人事評価制度の精緻化や考課者訓練の実施による評価レベルの向上にもかかわらず、被評価者の評価結果に対する不平・不満は一向になくならない。

    タグ

    レポート経済学労使関係評価公正性

    代表キーワード

    経済

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    評価の公正性の確保と労使関係のあり方
                     
    現在多くの日本企業がグローバル化し、国内だけではなく国際的な価格競争の中で優位性を保つため、また従業員のモチベーションの向上を目的に、企業は従来の年功序列制度から能力・成果主義賃金制度を導入しつつある。この賃金制度の適正な運用には、人事評価の公正性を確保しなくてはならない。近年、公正な人事評価の重要性が騒がれ、制度改訂や新制度導入が繰り返されているが人事評価制度の精緻化や考課者訓練の実施による評価レベルの向上にもかかわらず、被評価者の評価結果に対する不平・不満は一向になくならない。この理由のひとつに人事評価制度の公開性・...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。