職業リハビリテーションを推進する就労支援施策について述べなさい。(A判定・1614文字)

閲覧数982
ダウンロード数5
履歴確認

    • 最終修正日: 2013/12/13 10:09
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    障害者基本計画 障害者雇用対策基本方針 障害者の雇用の促進等に関する法律 障害者雇用促進法 障害者雇用率制度 障害者雇用納付金 ハローワーク 福祉事務所 職業準備訓練 能力開発 職場適応訓練 障害者試行雇用事業 職場適応援助者支援事業 ジョブコーチ 障害者就業・生活支援センター 地域障害者就労支援事業 障害者就労支援チーム 精神障害者等ステップアップ雇用 精神障害者総合雇用支援 地域障害者職業センター 若年コミュニケーション能力要支援者就職プログラム

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害者雇用施策のサービス体系は、障害者基本法で定められた「障害者基本計画」を踏まえた「障害者雇用対策基本方針」を具現化するための「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づいている。障害者雇用促進法では、法律で定められた常用労働者数の一定割合以上の障害者を雇用しなければならないとする障害者雇用率制度が採用されている。雇用率が未達成の場合には、障害者雇用納付金を納入しなければならない。
     職業リハビリテーションの推進し向けた主な機関には、ハローワークや福祉事務所がある。ハローワークの障害者や生活保護受給者などに対する主な活動内容は①職業相談②障害者向け求人の確保③雇用率達成指導④障害者雇用率達成指導と結びつけた職業紹介⑤関係機関との連携である。福祉事務所は、社会福祉法に基づく機関であり、特別の配慮を必要とする生活保護受給者、障害者、高齢者などに対する援護、育成、更生の業務を行っている。就労支援については、生活保護受給者・児童扶養手当受給者・住宅手当受給者等を対象者とし、福祉事務所とハローワークが連携して福祉から就労支援事業が平成23年4月より開始されている。他にも、福祉事務所やハローワー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。