同和問題の歴史

閲覧数3,515
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    1582 豊臣秀吉、太閤検地を行い兵農を分離
    1588 刀狩令を発布、兵農分離を促進( 近代の身分制度の基盤を築く)
    1603 徳川幕府の下で士農工商という身分制度が確立
    1716 享保の改革( この頃から身分制度が強化される)
    1778 穢多・非人の風俗矯正を布告( 差別が拡大強化される)
    1855 渋染一揆( 岡山藩は財政難により、服装は渋染にせよと命令したが、差別された人々は団結し、命令を取りやめさせた)
    1871 太政官布告第61 号( 解放令) 公布
    1872 壬申戸籍編成( 初の全国的戸籍廃止された旧身分が再び記載された)

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    同和問題の歴史
    豊臣秀吉、 を行い兵農を分離 1582 太閤検地
    ( 近代の身分制度の基盤を築く) 1588 刀狩令を発布、兵農分離を促進
    徳川幕府の下で という身分制度が確立 1603 士農工商
    ( この頃から身分制度が強化される ) 1716 享保の改革
    ( 差別が拡大強化される ) 1778 穢多 非人 ・ の風俗矯正を布告
    ( 岡山藩は財政難により、服装は渋染にせよと命令したが、差別された人々は団結し、命令を取りやめさせた ) 1855 渋染一揆
    第 号 公布 1871 61 太政官布告 (解放令 )
    ( 初の全国的戸籍 廃止された旧身分が再び記載された ) 1872 壬申戸籍編成
    三好伊平次、備作平民会結成 1902
    大江卓、帝国公道会結成 1914
    ( 自らの手で差別と貧困からの解放を実現するため、経済的・職業自由を要求 1922 全国水平社結成
    「人の世に熱あれ、人間に光あれ。」という水平社宣言を採択 )
    中央融和事業協会 に改善団体・融和団体が合併 1927 ( ←結成は 年 ) 1925
    ( 全国水平社の歴史と伝統を受け継ぎ、部落差別の撤廃と人権社会確立が目的 ) 1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。