全ての種類

資料:41,177件

  • 高血圧患者の看護・看護計画
  • 高血圧疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 ・随伴症状が軽減し、血圧が正常値に近づき安定する ・不安なく治療が受けられる ・疾病を理解し、合併症を起こさないように自己管理できる  看 護 の ポ イ ン ト ・合併症の予防 ・生活習慣の改善指導      O      T    E  備..
  • 540 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(68)
  • 看護計画・便秘
  • 看護計画 氏名          担当看護師[  ]   年   月  日      患者様サイン「  」 看護目標  自分で調節出来る場合は、排便パターンを自覚することで下剤調整及び運動を調節して、 看護師に排便状況を知らせることが出来る。 短期目標  立案日 /  立案日 /  立案日 / ..
  • 540 販売中 2009/02/22
  • 閲覧(68)
  • たんぱく質の定量(ケルダール法)
  • 1.目的・原理 【目的】 ケルダール法を用いて試料(玉露茶葉)のたんぱく質の定量を行う。 実験結果と試料の成分表示値を比較する。  【原理】 試料(食品など)に過剰の濃H2SO4を加えて加熱分解すると、分解と同時に酸化還元反応がおこり、たんぱく質などに含まれる窒素..
  • 540 販売中 2006/07/11
  • 閲覧(68)
  • 牽引療法(スピードトラック牽引)
  • 牽引療法(スピードトラック牽引) 適応 骨折、脱臼の整復や局所の安静固定  急性関節炎および慢性関節炎の疼痛の緩和や関節の負荷と安静  不良肢位、拘縮の予防、矯正や病的脱臼の予防と治療  脊椎疾患の負荷と安静  関節形成術や骨折手術後の後療法  介達牽引法(スピード..
  • 540 販売中 2009/04/28
  • 閲覧(67)
  • 【看護理論】ドロセア E・オレムの看護理論
  • ドロセア E・オレムの看護理論についてまとめました。構成は、4概念(人、健康、環境、看護)から始まり、看護過程、及びまとめの順になります。セルフケア不足看護理論がメインの資料になります。
  • 540 販売中 2012/02/01
  • 閲覧(66)
  • 看護計画 脳梗塞患者の看護
  • 脳梗塞患者の看護 <看護> 看 護 目 標 ・異常の早期発見、対処ができ脳ヘルニアを予防できる。 ・感染、合併症を予防できる。 ・退院への準備ができる。 看 護 の ポ イ ン ト ・脳ヘルニアの予防ができる。 ・2次合併症の予防 ・可動域の保持 ・再発防止(日常生活指導) ・精..
  • 540 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(66)
  • 参考文献の書き方例
  • 参考文献  松見弘道『図書館と漢籍―図書・図書館のルーツを探る―』明星大学出版部、東京、1989
  • 540 販売中 2009/01/12
  • 閲覧(66)
  • ムラサキイガイの繊毛運動
  • 実験操作方法 ? ムラサキイガイの足糸をハサミで取り除いた。 ? 足糸の出ていた隙間に安全カミソリを深く差し入れ、閉殻筋(=貝柱)を切断した。 ? ムラサキイガイを右殻と左殻に開いた状態にし、海水を満たしたシャーレに入れた。 ? 鰓組織をハサミで長方形(3×5mm程度)..
  • 540 販売中 2006/01/14
  • 閲覧(66)
  • 手術室看護 高血圧患者の術中・術後の合併症
  • 血圧患者の術中・術後の合併症 高血圧症は術前の合併症としての頻度が最も高いものです。高血圧患者では、麻酔管理中に種々の手術刺激に対して血圧が上昇しやすいことはもちろん,逆に麻酔薬や出血などに対して血圧低下をきたしやすい状態となっています。 手術の影響で痛み。交感..
  • 540 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(65)
  • バイタルサイン測定
  • バイタルサインは、人間がいろいろな環境下で適応していくために重要な、身体の内部環境の状態をよく示している。したがって看護ケアに生かすために、患者様の身体の状態を把握する上で、正しく計測し観察する技術は重要である。 そこで、以下に「バイタルサインの測定」のレポート..
  • 540 販売中 2006/12/26
  • 閲覧(65) 1
  • 中和滴定
  • 操作3−1と操作3−2では指示薬が違う。この操作では強塩基と強酸の中和滴定なので滴定曲線を考えると、直線部分がpH3 〜 11のところまで広範囲にのびているのでフェノールフタレインでもメチルオレンジでも変色域は含まれる。直線の範囲内であれば変色したときの滴下量はど..
  • 540 販売中 2006/09/24
  • 閲覧(65) コメント(1)
  • 精神看護学実習から学んだこと
  • 精神看護学実習Iから学んだこと      私はこの実習に行く前は、精神障害者は妄想・幻覚などの陽性症状が強く暴れたり奇声を上げたりしている人もたくさんいるのだろうなというイメージだった。だから、患者さんと触れ合ったりするのがすごく怖かった。何かされたらどうしようとすご..
  • 648 販売中 2012/03/26
  • 閲覧(64)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?

Template_ Error #2: template id geniee_banner is not defined