全ての資料 / コレクション / 情報メディア学

資料:468件

  • 公共図書館における資料組織化の必要性
  • 公共図書館とは、図書館法第二条で「この法律において「図書館」とは、図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の理由を供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設」(注1)と定義している。この中の「整理」という言葉..
  • 756 販売中 2011/03/31
  • 閲覧(1,678) 6
  • 佛教大学 2014 T0714「情報制作」 第2設題レポート B判定
  • 佛教大学通信教育課程、2014年度の「情報制作」第2設題レポートです。  【第2設題】 デジタル社会のリテラシーと、教科とのかかわりについて論じよ。  B判定を頂きました。所見は以下の通り  「レポートはよくまとまっているのですが、設題とは少しずれているようです。各教科との..
  • 540 販売中 2014/10/17
  • 閲覧(309) 1
  • 報道の自由とマスメディア
  • マス・メディアによる報道は、第一義的に国民の「知る権利」に奉仕するものであり、民主主義存立のために「真実の伝達」が責任として課されている。しかし、メディアが正確な情報を伝えようとすれば、個人の名誉権やプライバシー権と衝突し、両者の調整を迫られる場面が少なくない..
  • 540 販売中 2013/07/03
  • 閲覧(406)
  • 地域計画
  • 私の地元である山梨県は、郊外に次々と大型ショッピングモールが建ち、中心街の衰退、観光客の減少などの問題を抱えている。中心街への車でのアクセスには駐車場が少なく、その上バスや鉄道の数も少ない。その上商店街や駅周辺の観光地は、整備を進めたり魅力あるまちづくりのため..
  • 540 販売中 2013/10/02
  • 閲覧(295)
  • 現代の子どもとインターネットの関わり方について
  • 「現代の子どもとインターネットとの関わりについて」 現代の大人にとって、今やインターネットを利用することは生活の一部となりつつある。では、子どもたちには、インターネットはいったいどの程度浸透しているのだろうか。 総務省の「平成17年通信利用動向調査」によると、イン..
  • 540 販売中 2012/11/02
  • 閲覧(896)
  • 携帯電話を利用した現代的コミュニケーションについての一考察
  • 近年の携帯電話の普及率はインターネットのそれとともに目覚ましく伸びており(図1参照)、今や日本国民必携のツールの一つと言えるであろう。だが、その普及率上昇の一方で、携帯電話(以下ケータイ)を介して交わされるコミュニケーションを問題視する声もある。そこで当レポートで..
  • 540 販売中 2012/11/02
  • 閲覧(1,721)
  • 広告論②
  • 広告を有効に活用するには、広告効果を十分に吟味してから媒体を選択することが重要であり、広告の到達効果は、量的・質的に測量する必要がある。量的評価には、リーチ・フリークエンシー・GRPが使われる。  ①リーチ(媒体到達率) どれだけの人に広告を見てもらえるかの割合を指..
  • 540 販売中 2010/07/22
  • 閲覧(322)
  • 広告論①
  • 広告は、社会的・経済的・文化的機能を持つ要素に分けられ、それぞれ広告主・媒体企業・消費者にとって、重要な意味合いを持つ手段となる。  経済的機能のメリットには、①需要の刺激、②流通費の削減、が挙げられる。それは、購買意欲に積極的でない現在の消費者には広告で注意を..
  • 540 販売中 2010/07/22
  • 閲覧(285)
  • 広告論-分冊2
  • 本レポートでは、広告の量的評価と質的評価についてそれぞれ述べる。  はじめに、到達効果の量的評価について説明する。媒体の到達力を比較する指標としては、「リーチ(媒体到達率)」、「フリークエンシー(媒体接触回数)」と「GRP(延べ到達率)」が使われる。「リーチ(媒体到..
  • 540 販売中 2010/07/26
  • 閲覧(215)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告