資料:51,703件

  • レポートの書き方
  • レポート作成の基礎知識  出典をはっきりさせることは、レポートの基本である。 引用したら出典をはっきりさせる必要がある。出典の書き方としては以下の3つが基本的である。 (a) 「・・・である」(甲野乙助『日本経済』1996, 日本評論社,P.34)。 (b) 「・・・である」(2)。..
  • 540 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(81,371) コメント(1) 1
  • 腰椎穿刺(ルンバール)
  • 腰椎穿刺(ルンバール) 目的  脊髄末端より下で腰椎(L3~L4間あるいはL4~L5間)くも膜下腔を穿刺し、髄液採取、髄液圧の測定、髄液腔への薬液注入、髄液の排除など、診断および治療の補助にする  対象  髄膜炎や脳炎等の炎症性、感染性疾患患者及びその疑いのある患者 ..
  • 540 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(70,225)
  • 小論文の書き方 小論文と作文の違い 例文つき
  • 小論文の書き方  小論文は感想文と異なる。自分の意見をまとめた文章である。しかし、ただ自分の意見を主張するだけでは、独りよがりな文章になってしまう。読み手を共感させる文章を心がけるべきである。 小論文で大切なのは一貫した意見を持つことだ。書き始めと、結論が食い違..
  • 540 販売中 2008/06/27
  • 閲覧(66,697) 1
  • 教育実習 お礼文例
  • 校長先生へのお礼文例 ○○県立○○高等学校 ○○ 校長先生 拝啓 猛暑の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 この度は、2週間の実習を受け入れていただき、改めてお礼を申し上げます。 さて、現場実習では大変お世話になり、ありがとうございました。生徒との関..
  • 540 販売中 2009/05/07
  • 閲覧(62,585)
  • 「保育」とは何かについて論ぜよ。
  • 「保育」とは何かについて論ぜよ。 1.はじめに  「保育」とは、保育所や幼稚園における乳幼児を対象とした“集団施設保育”と、家庭における乳幼児を対象にした“家庭保育”の両方を含むものとされている。集団施設保育も家庭保育も、子育てに対する目的やめざすものは同じである..
  • 540 販売中 2006/12/12
  • 閲覧(58,486)
  • 生理的体重減少
  • 生理的体重減少 生後3~4日経つと体重は3~10パーセント減少する →胎便、尿、不感蒸泄、哺乳量などで排泄、栄養水分の摂取不良、組織液の消失(不感蒸泄)が、摂取量より多いために起こる 体重減少率の判断 体重減少率の求め方 (出生時体重)-(現在の体重)÷(出生時体重)×10..
  • 540 販売中 2009/04/14
  • 閲覧(56,655)
  • <注射レポート> 注射の方法、手順、留意点
  • 項目 1、はじめに 2、点滴静脈内注射の方法、手順、留意点 3、筋肉注射の方法、手順、留意点 4、皮下注射の方法、手順、留意点 5、皮内注射の方法、手順、留意点 6、静脈注射の方法、手順、留意点 7、必要物品 8、処方箋確認から後片付  ●はじめに 《注射に..
  • 540 販売中 2009/04/02
  • 閲覧(53,760) 2
  • ヘンダーソンの14項目-観察の視点-
  • 呼吸に関する情報 アセスメントの視点 <正常な呼吸>  1.ガス交換が正常におこなわれている                        2.安楽に呼吸ができる。  客観的情報 ( O )  呼吸に関する情報 呼吸に関する情報  ・ 息苦しさはないか ・ 呼吸数  ・労作など負荷がかかった時はどう対処..
  • 1,080 販売中 2009/05/19
  • 閲覧(52,857) 16
  • タンパク質実験
  • タンパク質実験  <目的>  タンパク質の立体構造は、温度やpHによって容易に変化する。この実験では牛乳タンパク質の加熱凝固と等電点沈殿から、それらの性質を理解する。また、摂取したタンパク質は消化酵素によって分解されてから吸収される。この実験では、トリプシンによるタ..
  • 540 販売中 2006/12/16
  • 閲覧(51,860) コメント(3)
  • 基礎看護技術レポート【全項目】事前学習 141ページ
  • ---基礎看護技術レポート(自己学習)---    ■項目…  ●コミュニケーション  ●観察  ●記録・報告  ●バイタルサイン測定  ●環境  ●体位への援助  ●患者の移動・移送  ●運動と休養  ●身体の清潔  ●寝衣の清潔  ●食事の援助  ●排泄  ●罨法  ●物品の取り扱い  ●安全と感..
  • 4,860 販売中 2009/05/20
  • 閲覧(46,849) コメント(2) 29
  • 中心静脈圧測定(CVP)
  • 中心静脈圧測定(CVP) 目的 右心系の機能を把握する。  ショック時の患者の状態や治療に対する反応を把握する。  循環血液量と心臓の状態の関係を把握する。  うっ血性心不全の状態を知る。  必要物品  圧トランスデューサー、三方活栓、加圧バック、ソルラクト、エクステンシ..
  • 540 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(46,187)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン) 目的  動脈にカテーテルを留置し、モニターに接続することにより持続的に血圧や脈拍などの血行動態を把握したり、動脈血の検査を頻回に測定するといった診断目的が主である。またこの他にも悪性腫瘍に対するAラインを通じての抗癌剤の注入や、血..
  • 540 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(45,388)

資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告