書込み ( 0/0 )

件名 投稿者 投稿日時
グループ内書込みがありません。
  • 異物としての胎児
  •  この言葉は母体と胎児は全く違うものだということを意味している。胎児や胎児のもとである受精卵、そして受精卵を成立させた精子は、母体にとっては明らかに「異物」であるから胎児が異物であるという主張は理解するにそう難くない。この流れからいくと子供を産む事は異物を排除するという働きであり、胎児というものは母体にとっては言わば異..
  • 540 販売中 2005/11/11
  • 閲覧(620)    コメント(1)
  • 性のグラデーションと人権について
  •  近年よくテレビなどで性同一性障害という言葉を耳にする。性同一性障害とは胎児期のホルモン環境などの先天的な理由によって心と体の性別がくい違う障害である。性のグラデーションという言葉はこういった状況をうまく言い表\した表現であり、性別を男もしくは女とはっきりと二分することではなく中間の性を含んだ見方のことを指す。  ..
  • 540 販売中 2005/11/11
  • 閲覧(1)    コメント(1)
  • 「愛はなぜ終わるのか」を読んで
  •  この本の著者ヘレン・E・フィッシャーは次のように述べている。チンパンジーやゴリラなど人類に近い動物の性行動の観察から、パートナーを固定しての性行動というのは自分の遺伝子を後世にのこすという意味合いから雌雄双方にとって有利であるからで、本来的には子供が独り立ちできるようになるまでの一次的なものである。そしてパートナーを..
  • 540 販売中 2006/01/12
  • 閲覧(1)    コメント(2)
  • 日本の女性労働者
  • 現代の日本女性労働者の実情  一昔前まで、女性は結婚したら、または子供が生れたら、仕事をやめ家庭に入り、家事や育児に専念するというのが一般的な女性の生き方であった。そのような時代を生きてきた会社の上司(男性)に結婚した後も仕事を続けたいと申し出たり、育児休業を要求したりすれば、「女性は普通、結婚すれば仕事をやめるもの..
  • 540 販売中 2006/01/12
  • 閲覧(2)    コメント(12)