社会福祉援助技術3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数729
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカーは、情緒的にも客観的にも個人の尊厳に踏み込む事となる。その為、倫理網領にもあるが専門職の価値と倫理、専門的な知識、専門的な技術がワーカーの活動の重要要素とされている。  まず、彼らを受容するべきである。つまり、クライエントが語るままに傾聴をすることが大切なのである。批判するのではなく、じっくりと耳を傾ける事により、特に言葉だけではなく表情、言葉の裏にある感情や行動から発するサインを感じ取ることが出来る。また、相手の立場に立ち、相談者にたいして共感することも必要なのである。受容、共感などを行うことで、相談者の不安軽減、問題の明確化などが分かると同時に、相談者との信頼関係が築ける..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。