児童福祉 レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,488
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    最近心無き親が幼い児童を危険に曝し、おいては死に追いやる悲しい事件が毎日のように起きている。
    平成16年の児童福祉法改正によって児童虐待への対策がより具体的なものとなり対処できる範囲や権限が拡大・再整備された。
     まず、家庭裁判所の後ろ立てが強化され、児童虐待について児童相談所の保護者への権限が強くなった。保護者による児童虐待がみられる場合、従来児童相談所の権限は里親委託や施設入所の措置を家庭裁判所に承認してもらうというものであったが、改正後はそれに加えて家庭裁判所が児童相談所に保護者への指導を勧告できるようになった。
     次に、児童の保護が行われた場合、今までは保護者との分離期間を定めていなか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。