医学一般 レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数591
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関する疾患群」のことである。高血圧や高脂血症などの症状が重複して現れると健康な人に比べて生活習慣病で死に至る危険性が35倍にも高まるといわれている。これら生活習慣病に関連し日本人の三大死因の一つガン(悪性新生物)は、1981年以降わが国の死亡原因の第一位となり、その後ガンによる死亡者数は増え続けている。平成10年には、ガンによる死亡数は約28万人以上となっている。また、癌(ガン)による死亡者はすべての死亡数に対する割合はなんと30%以上になっている。このように死亡率が高いものは他には存在しない。では、そのガンと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。